【まさかの事実】医者、薬剤師が風邪薬を飲まないとんでもない理由がこちら…【これはひどい】



▼リアルタイムで話題▼

❏ 理由01/抗生剤は細菌には効くが、風邪のウイルスに無力と理解しているから
❏ 理由02/抗生剤は、体内のビフィズス菌などの有用菌も全滅してしまうので、
  病気の治癒に必要な免疫力を低下させてしまうと理解しているから
❏ 理由03/発熱したときにすぐに解熱剤を服用するのは、
  せっかく体が熱を発して風邪のウイルスと闘っているのに、
  それを妨げてしまうと理解しているから
市販薬に添付された説明書を呼んでみると、
多くのケースで「症状の緩和」の一語が確認できます。

つまり、解熱剤の場合なら、
❏ 高熱時の症状を和らげる➡食事を取れる環境に導く➡「症状の緩和」

同様に、ひどい咳の場合も、
❏ 咳の症状を和らげる➡ぐっすり眠りにつける環境に導く➡「症状の緩和」

といったサポーター的役割を期待できることになるようです。

薬を服用せず、風邪を治す方法とは?

あるドクターの場合、
「風邪をひいたら周囲の人にうつさないために、まずは自宅で安静にすることが大事。
最も早く風邪の症状を治す最善の方法は、体を休め、無理をしないこと」と話します。

医療従事者の中には、風邪のウイルスを退治する薬がまだなく、
発熱、咳、鼻水等の症状を和らげる対症療法が風邪薬の役割……
と理解している人が多いため、薬を飲まない人が多いのだそう。

では、忙しくて、自宅で安静にできない人はどうしたらよいのでしょう。


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

1
2
3
4
5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る