【まさかの事実】医者、薬剤師が風邪薬を飲まないとんでもない理由がこちら…【これはひどい】



▼リアルタイムで話題▼

風邪の症状にもいろいろあり!

風邪の症状は、主に次のようになります。
①ウイルスに感染
②体を弱体化させる
ウイルスによって
微熱、発熱、悪寒、咽頭痛、食欲不振が生じる
③発熱によって、関節痛、頭痛、筋肉・関節痛みが生じる
④体内からウイルスを排出しようとする働きによって、
鼻水、咳、下痢、嘔吐などの生体防御反応が生じる

──こんなとき、

かかりつけ医のもとに診察に行き、処方薬を飲む……
ドラッグストアで、症状に見合った薬を購入……
こうした行動を取る人が多いと思われますが、
意外なことに医者や薬剤師は薬を飲まず、
まずは安静にして、
体力の回復を図る人が多いという事実もあるのです!

種類が豊富な市販の風邪薬

医者や薬剤師は薬を飲まない? その理由は?

すべての医者や薬剤師が薬を服用しないとは言えませんが、
そうした内容の著書も発売され話題にもなっています。

早速、著書やネットで報告されている
「医者や薬剤師は薬を飲まない理由」
を調べたところ、

 


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

1
2
3
4
5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る